一般不妊治療・体外受精・顕微授精 西山産婦人科不妊治療センター

院長 西山幸江(生殖医療専門医・臨床遺伝専門医)名誉院長 西山幸男(生殖医療専門医)

三重県 津市 西山産婦人科

057-231-0123

JR / 近鉄 津駅東口より徒歩5分
契約駐車場:23台駐車スペース有り

高度不妊治療

高度不妊治療

当院高度不妊治療の特徴

体外受精・顕微授精(新鮮胚移植・凍結胚移植)を実施しています。
培養技術を高め、胚盤胞移植を含め患者様に最適の移植を行っています。
着床改善を目的にレーザーによるアシステッド・ハッチングを行っています。
顕微授精では卵子を守るオーサイトシステムを導入しています。
タイムラプス機能のある培養器を導入し、胚(受精卵)の取り扱いには細心の注意をはらっています。

西山産婦人科は挑戦する姿勢を支えます

高度不妊治療は、体外受精と顕微授精、広義には凍結胚移植を含めた治療をいいます。一般不妊治療では妊娠が難しいご夫婦の場合、高度不妊治療をお勧めすることになります。私たちは、高度不妊治療に挑戦する姿勢、治療をあきらめない姿勢を支えていきます。

理解と納得の上で高度不妊治療に挑戦してください

当院では説明会を開き、治療内容を詳しく説明しております。起こりうるリスクについても率直に解説し、医師に質問する時間も設定していますので、ぜひご参加ください。

安全と安心の医療を基本としています

当院では、胚盤胞移植、アシステッド・ハッチング、顕微授精における卵子紡錘体を守るオーサイトシステム、胚凍結保存の際のガラス化法(急速凍結)、胚(受精卵)の発育を守るタイムラプス培養器などを採用し、日々新しい技術の習得と研鑽を心がけております。
しかし、技術の優先は、ときに卵子や受精卵にのみ視線が集中することになりかねません。
当院では、技術だけが先走ることなく、あくまでも治療を受けるご夫婦の立場に立つ「安全と安心の医療」を基本としております。

女性の健康あっての治療であることを忘れません

不妊治療のゴールはひとえに「妊娠」です。妊娠の先には妊娠期間があり、出産があり、さらには育児が続きます。まずは、おなかの赤ちゃんを健やかに育む健康な母体であることが大切です。
ですから、高度不妊治療は、女性の健康を守る治療でなければいけません。
当院では、この方針のもとに、女性の体に無理な負担をかけない必要最小限のホルモン剤による調節卵巣刺激を行っています。体外受精の実施前には必ず、ご夫婦ともに健康を確認するための検査を受けていただくのも、体外受精および妊娠後の女性の健康を守るのが目的です。

患者様の期待に沿えるように、日々の研鑽を欠かさない覚悟でおります。患者様の叱咤激励が私たちの明日へのエネルギー源です。ご意見、ご希望をお寄せくださるようにお願いいたします。

当院高度生殖医療の歩み
昭和59年 西山産婦人科開院(津市栗真中山町)。西山幸男医師、院長就任。
当院は開院当初より、分娩をはじめとする一般産婦人科診療の中に不妊外来を設け、一組でも多くのご夫婦に赤ちゃんが授かることを願いつつ、臨床治療に力を注いで参りました。
平成2年 三重県初の体外受精(新鮮胚移植)による赤ちゃんの出産に成功
平成6年2月 三重県初の凍結受精卵胚移植による赤ちゃんの出産に成功
平成6年3月 三重県初の顕微授精(囲卵腔内精子注入法)による赤ちゃんの出産に成功
平成7年 三重県初の顕微授精(細胞質内精子注入法:ICSI)による赤ちゃんの出産に成功
平成14年 不妊治療センター開設
この年3月をもって分娩取り扱いを停止し、4月より不妊症専門の不妊治療センターへ転進致しました。
平成18年10月 受精卵を急速凍結するガラス化法を開始。
ガラス化法は従来の緩慢凍結法に比べ、急速凍結、融解の段階ともに、受精卵への影響が少なくなります。
平成19年11月 本格的にレーザーによるアシステッド・ハッチングを開始。
レーザーでのハッチングによりなかなか妊娠できなかった患者様に効果的なよい方法であると確信。
オーサイトシステムの導入
顕微授精を行うにあたって紡錘体を確認できるようになり卵子の細胞を傷つけない安全な顕微授精に改善。
平成25年4月 西山幸江医師が、常勤医として加わりました。
平成25年11月 西山産婦人科は開院30周年を迎えました。
平成26年4月 西山幸江医師が、副院長に就任いたしました。
平成27年4月 西山幸江医師が担当する「不育症」「遺伝相談」専門外来を開始いたしました。
タイムラプス機能搭載の培養器(受精卵観察システム:CCM-iBIS)を導入。
タイムラプス(時間経過)を観察できる機能があります。胚を培養器から出さずに観察が可能なため、従来の培養器よりも培養環境の変化が少なく、妊娠率向上が期待されるシステムです。
平成29年6月 津駅東口近くに新築移転(津市栄町)。
西山幸江医師、第2代院長就任。西山幸男医師、名誉院長就任。
PAGETOPへ