一般不妊治療・体外受精・顕微授精 西山産婦人科不妊治療センター

院長 西山幸江(生殖医療専門医・臨床遺伝専門医)名誉院長 西山幸男(生殖医療専門医)

三重県 津市 西山産婦人科

057-231-0123

JR / 近鉄 津駅東口より徒歩5分
契約駐車場:28台駐車スペース有り

SUPPLEMENT サプリメントコーナー

目的

漢方は体質改善に役立ち、鍼灸アロマセラピートリートメントは、ご自身の体の声に耳を傾け、リラックスや肩こりの緩和、冷えの改善など、健康な心と体を保つ力を発揮する機会になります。
医療用サプリメントは、体質改善のために栄養・ビタミンなどの補給により、微細な調節に役立つと考えられます。以上のことから、当院では治療を補完する目的で、何種類かのサプリメントを取り扱っております。

取り扱いサプリメントのご紹介

DHEA25mg

主成分 合成ジオスゲニン(野生種のヤムイモ/ワイルドヤムから抽出され、DHEAを開発する合成過程で特許が認められたDHEA成分。体内吸収を増すために微粉状にされ、成分純度は99.38%と医療品グレード)
その他の成分ビタミンC(アスコルビン酸パルミチン酸塩/トウモロコシデキストロール発酵とヤシ油から誘導された成分)
内容量1粒あたりDHEA25mg /1日2~3粒目安(1カ月~1.5カ月分)
  • DHEAは「デヒドロエピアンドロステロン」の略で、副腎や卵巣で産生される性ホルモンのひとつです。DHEAは男性ホルモンの一種ですが、女性の体内ではエストロゲンを作る材料になり、不妊症の改善に効果が期待できることから、マザーホルモンとも呼ばれています。
    DHEAの摂取により、体外受精・顕微授精のための採卵数が増えるという報告が、アメリカの専門誌で紹介され、学会でも報告されています。また、卵巣予備能の指標となるAMHの数値が改善される等、卵巣機能を賦活化する作用があるといわれています。
  • DHEAは日本国内での製造は許可されていませんので、当院では、平成22年(2010年)より、アメリカの医家向け専用サプリメント製造・販売会社より信頼できる製品を輸入しています。ダビンチブランドの本製品はNPA(米国自然健康食品協会)の自主基準GMP(適正製造規範)にも適合しています。また、微生物試験、重金属試験などを行い、純度を保証しているとともに、遺伝子組み換え原料は用いていません。
  • 1日あたりの用量は、食後に1回2~3カプセルを摂取しますが、「肌が油っぽくなり吹出物がでる」などの副作用が強く出た場合は、カプセル数を減量していただきます。個人差があるので、主治医の指導に従いましょう。但し、DHEAに関しては妊娠が判明した段階で服用を中止していただきます。
L-フローラ(ラクトバチリス乳酸菌)

含有成分 1粒あたりラクトバチリス40億個/ラクトバチルスアシドフィルス菌・ラクトバチルスラムノサス菌・ラクトバチルスラクティス菌・ビフィドバクテリウムロンガム菌・ビフィドバクテリウムビフィダム菌・ストレプトコッカスサーモフィラス菌・フラクトオリゴ糖・アカニレ樹皮抽出物
内容量30粒/1日1粒目安(1カ月分)
  • 妊娠の成立には、子宮内膜が胚(受精卵)を受け入れる準備が整っていることが重要です。従来、子宮の中は無菌といわれていましたが、子宮内にもさまざまな細菌がすみついており、フローラ(細菌叢/そう)が形成されていることがわかりました。
    さらに近年、体外受精を受けている女性を対象に妊娠率等を調べた結果、「子宮内フローラの90%以上をラクトバチリスが占める正常群では、妊娠率・妊娠継続率・生児獲得力が上昇する」という研究結果が発表されました。
  • ラクトバチリスは善玉菌の代表格である乳酸菌の一種です。健康な女性の場合、子宮内フローラ・腟内フローラともに、ラクトバチリスがほとんどを占めており、この状態が乱れると妊娠率が低下する心配があります。
    L-フローラは、乳酸菌40億個を生きたままフリーズドライ加工し、ラクトバチルスを豊富に含むサプリメントです。

子宮内フローラについては、近々にクリニック便りで詳しく解説いたします。

L-カルニチン1100㎎ プレニアムスティック

含有成分 L-カルニチン酒名酸塩・微粒二酸化ケイ素
内容量1包あたりL-カルニチン1100㎎/30包/1日1包目安(1カ月分)
  • カルニチンの働きは、私たちの食べた脂肪を細胞内のミトコンドリアに取り込み、エネルギーに変えること! 卵子や精子、受精卵の細胞の中にもミトコンドリアがあり、カルニチンはエネルギーを産生して、細胞の発育や成熟を助ける重要な働きをしています。
  • カルニチンは本来、体内で作られますが、加齢や心身のストレス、栄養バランスの乱れなどによって産生量が減少する心配があります。このため、カルニチン産生量が減ると、卵子や精子の成熟、あるいは受精卵の発育を障害するのでは…といわれています。
    L‐カルニチンは妊娠を望むご夫婦に一押しのサプリメントといわれるのも、納得いただけるでしょう。
L-アルギニン

含有成分 L-アルギニン・微小繊維状セルロース・ゼラチン
内容量1粒あたりアルギニン500㎎/60粒/1日1~2粒目安(1~2カ月分)
  • アルギニンは私たちの体のタンパク質を構成するアミノ酸のひとつですが、体内で産生される量は少なく、積極的に補いたい「準必須アミノ酸」です。アルギニンには成長ホルモンの分泌を促進して、筋肉増強や免疫機能の活性化などの作用があります。また、血液の流れをよくすることから、男女ともに生殖機能が改善されると期待されています。
  • 女性では子宮内膜が薄いと不妊の原因にもつながりますが、アルギニンは黄体周囲の血流を改善し、胚(受精卵)の着床(妊娠成立)に欠かせない子宮内膜を厚くする効果が期待されます。また、体内の血流が改善されることで、冷え性の予防にもつながります。男性の場合は精子の原料となり、精子数を増やし、運動率を向上させる働きがあります。一酸化窒素を生成し、血管を広げて血液を通りやすくするので、EDの改善につながる成分です。
Zinc(亜鉛)

含有成分 ミネラル含有酵母・微小繊維状セルロース・HPMC(セルロースエーテルの一種)
内容量1粒あたり亜鉛30㎎/90粒/1日1粒目安(3カ月分)
  • 亜鉛は欠かせない栄養素であるミネラルの一種です。「セックスミネラル」の別名があるように、男性では前立腺や精子に多く存在し、性ホルモンの合成や精子の生成など、生殖器官と深い関わりがあります。女性の生殖機能の発達にも大切な栄養成分で、細胞分裂によって新しい細胞を作ることや遺伝子情報の伝達にも欠かすことができません。
  • 亜鉛は体内で作ることはできないので、食べ物から摂取しないといけません。しかし、最近は食生活の変化から、男女ともに亜鉛不足が心配されています。とくに男性では亜鉛が不足することで、精子数の減少や奇形精子が増えることがあります。このため、亜鉛は「男性を元気にするサプリメント」と期待されています。
エレビット(elevit)

含有成分 ビタミン類(葉酸・β―カロテン・B1・B2・B6・B12・C・D・E・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン)/ミネラル類(鉄・カルシウム・マグネシウム・銅・亜鉛・マンガン)
内容量1粒あたり葉酸800μg/90粒/1日3粒目安(30日分)
  • 葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンで、細胞の分化に不可欠な栄養素です。
    このため、細胞の分化が盛んな胎児、とくに脳や脊髄、中枢神経にとって非常に重要な器官である「神経管」の発育に欠かせない栄養素です。神経管は妊娠のごく早い時期(妊娠4週・受精から2週間後)から形成されはじめ、二分脊椎などの「神経管閉鎖障害(脳や脊髄の生まれつきの障害)」は、妊娠6週ごろに発症します。一方、妊娠4週前から妊娠12週までの毎日、葉酸サプリメントを400μg(マイクログラム/0.4㎎)摂取した場合、神経管閉鎖障害の発症が低減できることが多くの研究から明らかになっています。 このため、厚生労働省、日本産科婦人科学会、日本先天異常学会は、妊娠を望む女性は妊娠前の準備期から積極的に葉酸を摂取するように勧めています。
  • 葉酸は、妊活中はもちろんのこと、妊娠後も意識して摂取したい栄養素のひとつです。
    厚生労働省の食事摂取基準によると、日本の成人女性の葉酸推奨摂取量は1日あたり240μg(マイクログラム/0.24㎎)ですが、妊活中は食事からの240μgに加えてサプリメントから400μg(0.4㎎)、妊娠後は1日量480μg(0.48㎎)を摂取するように勧めています。
    以上を踏まえて、当院では葉酸800μg(0.8㎎)を含むマルチビタミンサプリメント「エレビット」を患者様にお勧めしています。エレビット(バイエル薬品)は世界62か国で販売されていますが、日本で販売されている製品は、葉酸を含むビタミン類、ミネラル類の推奨摂取量の調整などを含めて日本女性に合った成分構成となっているそうです。

当院取り扱いサプリメントはすべて、院内でのみ販売いたします。

当院はDSS指定医療機関です

当院では、国内医療用サプリメント製造・販売会社DSSの製品を取り扱っております。DSSは「Doctors Supplements Support」の略で、医師が患者様に処方する医療用サプリメントを指します。DSSサプリメントは指定医療機関が取り扱っております。DSSサプリメントの特徴は以下の通りです。

  • 日本、アメリカ、ヨーロッパ原産の無農薬・自然素材を中心に、安全で高品質な原料を使用しています。
  • 製造用剤(製造・加工の際に必要とされる添加物)は最小限に抑えられています。
  • GMP工場で製造しています。GMPとは、原材料の選択、製造、出荷までの全過程で、製品が安全に作られ、一定の品質が保たれるようにするための「製造工程管理基準」を指します。
  • topics 皆様に知っていただきたい最新情報や大切なご連絡
  • 外来診療日カレンダー
  • topics 皆様に知っていただきたい最新情報や大切なご連絡
  • 妊娠喜びの声 妊娠された方から寄せられたお便りを紹介するコーナー
  • クリニック便り 不妊治療に関する新しい研究・知見を紹介するコーナー
  • HUG YOUR BABY 高度生殖医療を含め不妊症の解説希望者に無料提供!
  • 特定不妊治療費助成事業

診療時間のご案内

9:00

18:00
*
17:00

17:00

17:00

受付時間8:30~
休診日:水曜日(研修日)/日曜日/祝日
*祝日のある週の水曜日は診療いたします

診療時間・診察予約詳しくはこちら
院内のご案内 サプリメントコーナーのご案内
PAGETOPへ