一般不妊治療・体外受精・顕微授精 西山産婦人科不妊治療センター

院長 西山幸江(生殖医療専門医・臨床遺伝専門医)
名誉院長 西山幸男(生殖医療専門医)

NEW INFOMATION OF INFERTILITY

クリニック便り

2021年4月号

テーマ五感と健康

不妊カウンセラー部門より

はじめに

五感は見、聴き、におい、味わう、触るなど視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の感覚です。
この五感と脳は密接な関係があるといわれています。脳がストレスなどで疲れてくると五感が鈍くなります。逆に五感が鈍ることによって脳の疲れを引き起こすともいわれます。脳が疲れることにより健康な体がもつ免疫力が低下します。

免疫力の低下による不調

免疫力の低下は体調の不具合や精神の不安定にもなります。
病気でもないのに症状が出る未病状態です。体を回復できるエネルギーは規則正しい食生活と安定した睡眠を7~8時間とる、そして適度な運動ができる時間を作りだす心構えです。免疫力アップで体の機能を正常にしましょう。体は心地よくなることでホルモンの分泌を改善してきます。

「自分愛」を持つように考えていきましょう

まずは自分を大切に考え「自分愛」を持つように考えていきましょう。
個人差があるストレスですが自分に合った体つくりのためにも
「今、何をする?」ではなく「今だからこそ、自分を愛すること」です。
出来ること一つから始めて体を大切にしていきましょう。
その先にはいつか解決の道が開けてくると思います。
「自分愛」は「自己愛」ではありません。

健康は正しい体のリズムを作ることから生まれます。コロナの時代であっても感染ストレスに負けないで五感を生かす生活リズムを作れば自分の体は応えてくれると思っています。

不妊カウンセラーよりひとこと

満開の桜に「美しい日本」を感じています。これからめぐる新緑の木々、梅雨空の紫陽花、暑い夏の太陽、紅葉の山々、雪化粧の富士山など感性豊かな日本人として皆さん、コロナに負けないで過ごしましょう。
感染予防対策のご協力を今後もよろしくお願いします。

日本不妊カウンセラー学会認定カウンセラー 西山純江
PAGETOPへ