一般不妊治療・体外受精・顕微授精 西山産婦人科不妊治療センター

院長 西山幸江(生殖医療専門医・臨床遺伝専門医)
名誉院長 西山幸男(生殖医療専門医)

NEW INFOMATION OF INFERTILITY

クリニック便り

2021年10月号

テーマ不妊治療の保険適応について

不妊カウンセラー部門:続編より

10月2・3日滋賀県、大津市で日本IVF学会が開催されました。
この中で体外受精含む不妊治療の保険適応が来年4月の方向で決まり最終の段階になっているとの発表がありました。気になるのは今まで助成金の制度がありましたがこの先なくなると言うことです。
治療の保険適応は患者様にとって恩恵もあり喜ばしいことではありますが一律の治療により気軽に先進医療が受けられる反面、治療内容の質については効果が不透明です。
関係医師は助成金を残すようにと尽力をされてきましたが、力及ばず厚労省の方針は変わらないようです。保険適応の恩恵は誰のもとに行くのでしょうか。
不安を抱えての発進になりそうです。
不妊カウンセラー より
PAGETOPへ