一般不妊治療・体外受精・顕微授精 西山産婦人科不妊治療センター

院長 西山幸江(生殖医療専門医・臨床遺伝専門医)
名誉院長 西山幸男(生殖医療専門医)

PGT-A

PGT-A

PGT-Aのご案内

当院は日本産科婦人科学会より、令和元年12月26日付けにて、「着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性を検討する多施設共同研究」への参加が承認されました。PGT-Aは着床前診断の1つです。
この臨床研究により、受精卵の染色体数を調べ、数の異常がない受精卵を子宮に戻すことで、流産を減らし、妊娠率や出産率を高める事が期待されています。この研究は2021年12月末日までに、適応となる対象者を登録し実施していきます。人数の上限もありますので実施状況をみながら対応させて頂きます。

当院は令和元年12月26日付けにて、「着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性を検討する多施設共同研究」へ参加しております。

PGT-Aとは?

PGT-Aは着床前診断(PGT)の一つで、受精卵の全染色体数を調べる受精卵診断です。女性の加齢に伴ういわゆる「卵子の老化」として偶発的に起きる染色体数異常が、流産やARTの成功率低下に影響しています。PGT-Aは最新の解析技術を用いて、検査により染色体数正常と診断された胚を移植することで、流産率の低下とARTの成功率向上を目的としています。

PGT-Aの適応基準について

  1. 反復ART不成功 直近の胚移植で2回以上連続して臨床的妊娠が成立していない方
    (生化学的妊娠はART不成功に含める)
  2. 習慣流産(反復流産を含む) 過去に臨床的流産を2回以上反復し、流産時の臨床情報が得られている方
    除外基準
    ご夫婦のいずれかに染色体転座などの均衡型構造異常が認められる方 流産の原因となる子宮形態異常や抗リン脂質抗体症候群と診断された方
  3. 染色体構造異常 夫婦いずれかに染色体転座などの生殖に影響する染色体構造異常を有する方

(※適応基準の詳細・費用については来院にて説明させて頂きます。)

本研究を通して患者さまの妊娠率の向上や流産率の低下を目指し、一人でも多くの方に貢献できるよう、精一杯お手伝いさせて頂きたいと思います。

PGT-Aのご相談をご希望の方は、電話またはメールにてお問い合わせください。
059-229-1200 メールにてお問い合わせ

PAGETOPへ